いい髪レシピ

いい髪レシピ

ぶりとまいたけの炒めもの

ぶりのおいしい季節です。ぶりなどの青魚は、ビタミンBを含んでいます。ビタミンB6は、髪を作っているタンパク質代謝の中心的な存在です。また神経伝達物質の生成にもかかわっています。おいしく食べて、丈夫な髪をつくりましょう。

まいたけも免疫力を高める食べ物のひとつです。

 

 

 

牡蠣と野菜のミルクシチュー

海のミルク牡蠣と野菜ときのこを使っておいしいクリームシチューをつくってみましょう。

牡蠣に含まれているミネラルが、代謝を促進させて、免疫力を高めてくれます。

 

 

 

具だくさんのミネストローネ

旬の野菜と魚介類をたっぷり使って、髪にいいビタミンやミネラルを補いましょう。スープはおいしく、たくさんの栄養素をとることができるからいいですよね。冬場は体も温まって、幸せ。

 

 

 

 

豚肉とごぼうのうま煮

簡単に美味しくできる煮物。すべての食材に髪にいい栄養素を含んでいます。豚肉はビタミンB1で酵素の働きを助け、こんぶは、ヨードで、新陳代謝を促したりタンパク質の合成。インゲンはマグネシウムで栄養素の代謝を補う役割。ごぼうは食物繊維が豊富で、腸をきれいにします。

 

 

 

ひじきとレンコンの煮物

今回は、かなりオーソドックスな料理ですが、髪にいい栄養素が凝縮している食材です。いうまでもなく、ひじきは、カルシウム、食物繊維、鉄分が他の食材に比べてかなり豊富で、血液の流れをよくして、代謝を促します。レンコンもビタミンCが豊富で、しかも加熱しても分解しにくいのが特徴。良質のたんぱく質である大豆も加わってベストな組み合わせです。

 

 

 

豚肉のソテー・ニラソース

ニラは多くのビタミン類やミネラル類を含み、特ににおいの素のアリシンは、ビタミンB1の吸収を助け、エネルギー代謝を活発にしますので、髪の成長を促します。

豚肉はビタミンB1が豊富ですのでニラとの相性がぴったりで、髪にいい組み合わせですね。
野菜のソースで味付けすると、塩分摂取の調整ができます。